解熱鎮痛オピス錠
ずつう、はいた、生理痛、神経痛に!

解熱鎮痛オピス錠 − 特長 −
●効きめが持続
アセトアミノフェンとエテンザミドの配合で吸収が早く、持続性のある 鎮痛剤です。
●効力の増強
無水カフェイン、ブロムワレリル尿素の併用により、鎮痛作用をさらに増強させます。
●胃にやさしい
非ピリン系の鎮痛剤で胃への刺激もなく、副作用をできる限り抑えた温和な製剤 です。
●吸収が早い
錠剤の崩壊が速やかで成分自体の溶解、吸収と相まって効きめが早く確かです。
●1回2錠 1日2回
1回の服用量も少なく、服みやすい錠剤です。包装は12錠入 6回分です。

■有効成分 1日量(4錠)中
アセトアミノフェン・・・・・・・・600mg
エテンザミド・・・・・・・・・・・900mg
ブロムワレリル尿素・・・・・・・・200mg
無水カフェイン・・・・・・・・・・100mg
■効能効果
  1. 頭痛・歯痛・抜歯後の疼痛・咽喉痛・耳痛・関節痛・神経痛・腰痛・筋肉痛・ 肩こり痛・打撲痛・骨折痛・ねんざ痛・月経痛(生理痛)・外傷痛の鎮痛
  2. 悪寒・発熱時の解熱
■用法用量
成人(15才以上) 1回2錠
8才以上15才未満 1回1錠
■注意
服用は1日2回を限度としなるべく空腹時をさけて服用する。服用間隔は6時間以上 おくこと。