虔修六神丸
心筋や冠状動脈のはたらきを高め呼吸機能を盛んにし血液の循環をよくします。

虔修六神丸 − 特長 −
六神丸は和漢薬中の代表的な強心薬として、長年の実績と信頼を得ています。 心臓はからだの血管を通じて、酸素と栄養素を含んだ血液を全身に送り、それと同時に 老廃物と炭酸ガスを取りこんだ血液を肺に送るポンプの機能を果たしています。 複雑多様化した現代社会で、心臓は常に酷使され、疲労が重なり、その機能が低下し身体の 調子を崩しがちです。従来、血管の硬化が始まる40代以上の人に多い心臓障害が、若い人にも 波及しているのは不幸なことです。このような心臓に対する不安や、どうき、息切れ、 気付けなどの症状に六神丸は優れた効果を現わします。

■有効成分 1日量(4粒)中
ジャコウ・・・・・・・・・・・・・1.0mg
ゴオウ・・・・・・・・・・・・・・2.5mg
センソ・・・・・・・・・・・・・・4.0mg
ニンジン・・・・・・・・・・・・・3.0mg
ユウタン・・・・・・・・・・・・・2.0mg
ジンコウ・・・・・・・・・・・・・2.0mg
d-ボルネオール・・・・・・・・・・0.5mg
■効能効果
どうき、息ぎれ、気つけ
■用法用量
成人(15才以上) 1回2粒
服用は1日2回、白湯又は水にて服用。